運転免許証を取る

かつては、車の運転免許証は限られた人たちだけが持っているようなものでした。
職業上必要で取得したような方もいらっしゃいましたし、家庭であればお父さんが運転免許証を取得し、移動したい時にお父さんだけが運転して家族を連れて行くなどのやり方です。
しかし時代と共に女性も男性と同じように活躍するようになり、それまでお父さんだけが持っていた免許証を今度はお母さんが取得。
そして今、運転免許証が取れる年齢になると、それが当たり前のような感覚で若い男女も気軽に取る姿が多く見られています。
特に交通の便が良くない地域に住んでいる方等は、通勤の為に必要に迫られて取得している方も少なくありません。

運転免許証は、国家資格です。
試験は筆記試験と技能試験とがあります。
住所地の都道府県公安委員会が交付。
住民票がある都道府県の公安委員会が管する運転免許試験場や警察署などで交付されます。
一般的な人が取得しているのが、「第一種運転免許」と呼ばれているものです。
他に、「第二種運転免許」があります。
第二種運転免許は、バスやタクシー、代行運転やハイヤーなど人を運ぶような場合に必要な免許です。
患者輸送車にも必要。
「仮運転免許」は、よく「仮免許」と呼ばれているものです。
この免許は、技能検定の際に路上で運転するために必要です。

人によって免許取得までにかかる期間は異なってきますが、あると身分証明書にもなってくれます。
ここでは、運転免許証について紹介します。



▽特集
旅行感覚で気軽に運転免許が取れる合宿免許の施設を検索できるサイトです ・・・ 合宿免許

Copyright © 2014 運転免許証が欲しい All Rights Reserved.